News

Coming Soon

優秀なAI人材を多くの日本の企業へ

5年前、AIは身近な言葉ではありませんでした。 しかし、現在ではどうでしょうか。様々な情報媒体からAIというキーワードが発信され、耳にしない日はないでしょう。 それでは、5年後はどうなるでしょうか。より身近なものになりビジネスに入り込んでくると考えられます。
しかし、世界的にAI人材は不足し、海外企業よるAI人材の青田刈りが行われています。また、国内ではAI人材の需要過多で優秀なAI人材を採用できない状況となっております。 5年後、AIがビジネスにおいて必需品となり使いこなさなければ競争力の低下を招く時代となったとき、AIを使いこなすことはできますか?AIを使いこなせる人材は社内にいますか?
この問題を が解決に導きます。
AI BridgeはAI人材専門のマッチングサービスです。

  • AIの導入を検討している企業様の場合、弊社がAIコンサル業務からAI分析の基盤構築支援を行い、同時に人材もご紹介します。
  • すでにAIを導入されている企業様の場合、希望する人物像をお知らせいただければ、こちらで人材をご紹介します。

AI Bridgeは弊社で研修・実務を行った優秀なAI人材を紹介するため、即戦力AI人材を手に入れることができます。
日本からたくさんのイノベーションを起こしましょう。AI Bridgeは優秀なAI人材を多くの日本の企業へ導く橋となります。

AI未導入企業様へ

AIがこれから必須になってくると言われても、具体的に「AIが何ができるのかなどの、有用性・可用性」を把握することは非常に困難だと存じております。 そのため、弊社のAI受託を一度ご活用していただき、「AIの有用性・可用性」をご理解した上で、【AI Bridge】をご活用いただくことも可能です。
ぜひ一度、5413757992からご相談ください。

AI人材

なぜ今AI人材が必要か

AIは生活に根付く存在

5年前、「AI」という言葉をどのように捉えていたでしょうか。 「機械が勝手に何かをやってくれる」「専門家がAIを作っている」と思い、到底身近なものになるとは思ってもいなかったでしょう。 しかし、現在AIは飛躍的に進歩し、スマートフォンでもAIを活用して音声認識、画像認識が可能となりました。 そして、今後5年間で更にAIの技術は進み、自動運転や高度な音声対話などが可能となり、生活に根付いたものとなるとされます。 このような状況を把握している企業は、すでに医療や教育、製造業、小売業、農業などへのAI活用でさらなる競争力の強化を目指しています。 世界中がAIに注目する中、いち早くAIを導入することで、今後のビジネスに大きなインパクトを与えます。

AI人材は世界的に不足

AI人材の教育者も不足

現在、世界中の企業がAI人材を求めております。 「グローバルAI人材白書」では、 世界の企業は100万人のAI人材を必要としているが、AI研究や開発に携わっている人は30万人とされております。 さらに、AI人材育成機関は世界に370しかなく、そこから輩出されるAI人材は年2万人となり、年々AI人材の不足数は増加すると予想できます。 AI人材が不足している原因は、AI人材を育成する「先生」が少ないためです。 先生がいないのでAI人材志望者は効率よく学ぶことができません。 日本でも年間約1.2万人のAI人材が不足し、供給される人材は年3000人と推定され、AI人材は不足しております。

優秀なAI人材の獲得

AI Bridgeを活用することで優秀な人材の獲得が可能

AI人材を確保できない、確保しても質が低いといった経験はないでしょうか? また、「AIの導入を検討したいが何から初めていいかわからない」・「 AIを導入すると具体的にどのようなことができるのかがわからない」といった問題はお持ちではないでしょうか?
これらの問題をAI Bridgeが優秀なAI人材紹介とAIコンサルで解決いたします。

人材育成

優秀な人材を確保

即戦力AI人材のご紹介

AI Bridgeは求職者なら誰でも登録できるサービスではありません。
サービス運営会社である株式会社Activate Dataが主催するAIテスト・AI勉強会と弊社の人間がスカウトした人材のみが登録でき、登録人材は弊社データサイエンティストの元で実務経験を積むことにより、即戦力となるよう教育しております。

AI勉強会

AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストによる実践型勉強会

5138764141

雇用のメリット

費用の削減

自社でのAI人材雇用で、AI業務コストを削減可能

AI業務を外部のデータサイエンティストに委託する時の費用はご存知ですか? データサイエンティストのレベルで上下幅がかなり大きく140~300万円/月が目安です。 データサイエンティストとしての最低ラインである140万円/月で受注している企業では、 年棒が約600万円ほどのレベルのデータサイエンティストを起用して業務を行います。
一方で【AI Bridge】を利用し、自社でデータサイエンティストを雇用した場合、 年棒が1000万円レベルのデータサイエンティストを雇用しても、以下の図のように初期費用がかかりますが、 8ヶ月で雇用した場合より受託した場合の方がコストがかかってきてしまいます。
もちろん、「8ヶ月未満で完了してしまう案件しかやらないから発注した方がいい」という企業様もいらっしゃると思います。 しかし、これからの時代、ますますAI人材の獲得が難しくなっていくことが想定されています。 ぜひ、今のうちに優秀なデータサイエンティストを囲い込んでおきませんか?

成果物の品質向上

AI Bridgeが紹介する人材は実務経験があり、即戦力となります

採用支援

お客様企業の人材探しから内定までを一貫してサポート致します

希望人材像を伝えて頂ければ、貴社は面接と採用の可否を決めて頂くのみです。

  • Step.1

    依頼

  • Step.2

    人材選出

  • Step.3

    書類選考

  • Step.4

    面接

  • Step.5

    内定

  • Step.6

    入社

無料登録して優秀な人材を探しましょう

PAGETOP
お問い合わせ